スピリチュアル・エッセイ 2005 - #09




波動で選んだアロマのブランド
BLUEボトルに心惹かれて…


たとえばフラワーエッセンスで言えば バッチ博士 がいちばん有名だけど、それ以外にも数えきれないほどのエッセンスが存在してるよね?
さらに言ってしまえば、同じ バッチ博士 のエッセンスでも、私が扱ってる ヒーリングハーブズ社 の他に、私が知ってるだけでも、ネルソン社と、クリスタルハーブ社が存在してる。
アロマも、フラワーエッセンス同様、波動に働きかけるもの。私には相性のいいブランドでも、他の方と相性いいとは限らない。
それでは、どうやってたら自分と最も相性のいいブランドと出会うことができるのだろうか?

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

私の場合、1年ほど前、当時アロマセラピストのタマゴだった友人が、某アロマ系出版社にアロマ各ブランドのボトルが勢揃いしたショールームがあるから一緒に遊びに行こう!って誘ってくれたことから始まった。
ところが行ってみたら出版社の受付の片隅に、各ブランドから数本ずつ、アロマのボトルが置かれた棚があるだけだった。商談するワケでもないのに入っていくことができたのは、単に私がずうずうしかったからで、友人は1人だったら入り口で諦めて帰ったと言ってたっけ・・・。
落ち着けない環境で、アロマの香りのニュアンスも波動も感じることはできず、ボトルのデザインで惹かれたブランド名 をメモして、その日は帰宅した。
そして帰ってから、アロマ検定のテキスト巻末のブランド一覧のページを開き、ひとりオーリングで「私と最も相性のいいブランドを教えて!」と聞いて選ばれたブランドが、その某出版社で 惹かれたボトル のうちの1社と一致してた。
さらにネットで価格を調べたら、価格帯的にも私と相性抜群!(つまり、とってもリーズナブルだったという意味である♪)
そのブランド、ネット通販のみだったので、問い合わせたら都内で1個所だけ香りを確認できる店頭販売があるとのこと。さっそく行ってテスターで確認し、香りも気に入って、私はそのブランドのユーザとなった。

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

だったら、オーリングやペンデュラムできないヒトは、どうやって自分のブランドと出会ったらいいの?って質問されるかもしれないよね?
その答えは、私が ヒーリングハーブス社のバッチ博士のフラワーエッセンス と出会った経緯に戻るのだが・・・。
当時の私、もちろんオーリングなんて使えなかった。それどころか、フラワーエッセンスなんて聞いたことさえなかった私が、偶然に出会ってしまったのが、このエッセンスたち!
紹介してくださった方から、非常にリーズナブルにエッセンスについて学べる場所があるって、そこでオーリングも覚えられると聞いて、その夜ネットで検索し翌日にはデンワしてた。
背中を押されたかのように 勢いで 行った先が、たまたま ヒーリングハーブス社のバッチ博士のフラワーエッセンス の講習をしてたから、現在に至ったワケなのだ。
つまり、本当に自分と相性のいいモノ(人生の伴侶もそうだけど)には、必要なタイミングに、何らかの縁で導かれて出会ってしまうってのが、私が行き着いた結論なのである。
2005年8月14日