スピリチュアル・エッセイ 2005 - #05




ソウルメイト


20年来の友人と会った。5年ぶりに会った。
最後に会ったのは、彼女が渡航する直前に2人きりの送別会をした日。まだ私は全く スピリチュアル とは無縁の生活をしていた。彼女も意識してなかった。でも彼女は、その数日前に不思議な本と出会ったことや、引越先の部屋を決めた時に内装も見ずに外観で直感で選んだ話をしてくれた。私は子供の頃から不思議大好き・占い夢中少女。彼女の話は、羨ましいとは思っても、全く抵抗感はなかった。
その日の別れ際に彼女は、私が住んでいる家の外観が浮かんできたと言った。その時は時間もコトバも足りず、彼女が受け取った印象が当たってるかどうかについて確認さえしなかったけれど。

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

昼前に高速バスの発着場所に迎えに行く。彼女はビザ申請のための一時帰国中で、1カ月ほど前に実家に戻り、そこから久々に上京してきたのだ。
ランチを済ませ、私のセッション・ルームに向かう。海を越えて時々思いだしたように交換してたメールを通して、彼女も私も同じようなタイミングで、スピリチュアル 方面の道を歩き出したことを知っていた。だから喫茶店等で周囲の席を気にせずに、個室で思いきりオシャベリしたかったのだ。
家の近くまで来た時、彼女が5年前に私の住むマンションの外観を言い当てたことを覚えてるか聞いた。そうしたら彼女は、その時に読み取ったイメージまでもハッキリと覚えていて、建物の色から入り口の格子状の扉まで、ほとんど一致していると言って驚いていた。

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

部屋に入りお茶さえ出さないうちに、フラワーエッセンスのカードを広げていた私。3カ月ほど前のメールで彼女の不調が気にかかっていたので、どうやら私は会ってセッションをしたかったらしい。
選ばれたカードによるフラワーエッセンスからのメッセージを媒介に、会えなかった間の近況報告を交わす。 彼女が海外でスピリチュアルな仲間に囲まれて生活していることが、手に取るように伝わってくる。
写真を見せてもらいながら、恋愛のこと、彼女がタロットリーディングで告げられたソウルメイトのこと、私がヒプノで体験したソウルメイトとの約束のこと等を交換する。
彼女が買ったというオーラソーマのボトルの話題を介して、互いの成長について語り合う。
お互い、昔から知っている。でも、その頃の相手のことが、今だから、わかる!
過去世で一緒にダンサーしてたらしいことは感じていた。でも、どうやらネイティブアメリカンとしても一緒に生きたことがあるらしいことを、今回の再会で確認しあった。
ソウルメイトって恋愛関係だけじゃない。
彼女も、私の大切なソウルメイトなんだ。

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

彼女が今回日本に戻ってきた理由、しかも長期滞在する理由を、彼女の不調の根本原因と共にさぐっていく。お互いに直感でキャッチしたことをバシバシ言い合ううちに、その根本原因に行き当たる。まずは、原因ブロックの1つ目が、気づきと共に解消!
彼女はレイキをファーストまで海外で取得している。なのでエネルギーの詰まりを解消するため、再アチューンメントを試してみる。でも、流れがイマイチ改善されない。
なのでオフィス用デスクを即席ベッドに変身させて、さらに本格的にレイキヒーリング。この即席ベッド用マットレス、ず〜〜っとさがしていたのだが、5月末にやっと見つけて購入したばかり。ベッドの上で寝息をたてる彼女を見ながら、このマットレスは最初に彼女を癒したかったんだなって感じた。
エネルギーを流しながら、いろいろ話す。カラダのいろんな部分から大量の邪気が出る。ヒーリングを終え、さらに、いろいろ話す。
彼女の帰国の理由のひとつはカラダのことで、それを解放するために、東京滞在の初日に私と会う必要があったことも互いに確認しあった。
カラダはかなりラクになったと言って、彼女は笑顔で、夜の部の友人との待ち合わせに向かって言った。

- ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

彼女が帰宅した後、図書館への返却期限の迫った1冊の本を、なんとなく手に取った。
特に読みたかったわけでもなく、図書館で目的の本と一緒に、なんとなく ついでに かりてきた1冊だったが、開いてみてビックリ!
  魂のこと。
  宇宙に導かれるってこと。
  スピリチュアル・ガイドのこと。
  そして、結婚を選ばないソウルメイトとの関係があるってこと・・・
  今日、友人と話り合ったことへの答えが、すべて書かれてる!!

この本は、今日、読む必要があったんだ。・・・宇宙の導きが感慨深かった。
2005年6月3日